2016-10-14

2016年10月14日(金)『Takako Minekawa & Dustin Wong 松本公演』

takako Minekawa & Dustin Wong

ヴォーカリスト/エレクトロニクス奏者として90年代より活動を続ける嶺川貴子、元ポニーテールのメンバーとして知られるエフェクターの魔術師ダスティン・ウォングによるデュオが松本初登場!

バッファロー・ドーター全面バックアップによる1996年の『Roomic Cube』はじめ、2000年の『Maxi On』までソロ名義での諸作は海外での評価も高いヴォーカリスト/エレクトロニクス奏者"嶺川 貴子"と、エクスタティック・サンシャインやポニーテールとしての活動を経て、近年のソロ活動ではダーティー・プロジェクターズや、ビーチ・ハウスのフロントアクトも努めたハワイ生まれ日本育ちのギタリストDustin Wong(ダスティン・ウォング)によるデュオが松本初登場!

2011年の夏、ダスティンのライヴを観に行った嶺川と、元々彼女のファンであったダスティンが知り合い、音楽や宇宙、神話談義での盛り上がりを経て、セッション、コラボレーションへと発展。これまでに2枚のアルバムをリリース、FUJI ROCK FESTIVAL2013に出演、1ヶ月に及ぶ北米ツアー、中国12都市をまわるツアーを敢行。エフェクターの魔術師との異名を持つダスティンによる万華鏡的ギターサウンド、嶺川貴子のフローティングボイス、korg microSAMPLERとKawaiのヴィンテージドラムマシンR-50eによるチープでかわいらしい電子音…二人の生み出す愛らしい音の数々がループペダルに入り込み、ごく小さな世界からどこまでも壮大に広がり、カラフルな夢幻旅行へと誘われます。ホームメイドの温かさと、ファニーな実験感覚、スリリングな緊張感によってサウンドスケープがつくりあげられる瞬間をぜひ、体験してください。
共演は、少女的可憐さと、自然への憧憬を感じる不思議なバランス感覚でイラスト、音楽、映像など多岐に才能を発揮するイラストレーター"daborabo" a.k.a 山﨑美帆によるビデオカメラを駆使したライブペイティング&ライブ、
カリンバ、木魚、ローファイサンプラー、複数のペダルエフェクター用いながらエスノな響きのループアンビエントミュージックを生み出す音楽青年キリンボウ。

ベッドルームポップ、アンビエント、ローファイエレクトロファンの方、絶対にお見逃し無く!!

>>>>>>>>>>

10月14日(金)Give me little more.
『Takako Minekawa & Dustin Wong  松本公演』
▽出演:Takako Minekawa & Dustin Wong、daborabo、キリンボウ
▽時間:19:00(開演)/18:30(開場)
▽料金: (前)¥3,000/(当)¥3,500(学割)¥2,500  *ドリンク別
▽予約:give.melittlemore@gmail.com

>>>>>>>>>>
2011年の夏、ダスティンのライヴを観に行った嶺川と、元々彼女のファンであったダスティンが知り合う。この出会いをきっかけに交流が始まった両者は、音楽や宇宙、神話談義で盛りあがり、セッションを重ねていき、コラボレーションへと派生していった。2013年にファースト・アルバム『TOROPICAL CIRCLE』をリリースし、レコ発を含む都内でのライヴを経て、FUJI ROCK FESTIVALに出演。2014年にはセカンド・アルバム『SAVAGE IMAGINATION』をリリースし、1ヶ月に及ぶ北米ツアーを成功させ、昨年は初の中国で12都市をまわるツアーを果たすなど、お互いのソロと平行しつつ、精力的に活動している。ダスティンのギターと嶺川のサンプラーキーボードの間に1本のマイクをシェアし、それをまるごと構築していき、ひろがる二人の奇妙なサウンドは生まれたばかりのアメーバのように変化し続けている。また、音だけにとどまらず、絵や映像も二人で共作しており、作品のジャケットやMVも自らが手がけている。



daborabo a.k.a 山崎美帆

長野県上田市出身
明治学院大学 フランス文学科卒業 
セツ・モードセミナー卒業

現在は松本を拠点にして、
雑誌、書籍、広告、CD・LPジャケット等のイラストを手がけている


映像、音楽作品なども製作中



キリンボウ

2016-10-09

2016年10月9日(日) 『On Diamond Japan Tour 2016』

On Diamond

メルボルン発、凛とした女性ボーカルによるエクスペリメンタル・フォークバンドが初登場!!

近年、インディポップ〜ベッドルームポップ、エレクトロまで豊穣なインディシーンが活況のメルボルンより、5人編成エクスペリメンタルフォークバンド"On Diamond"が初来日。元々SSWとして活動する伸びやかで凛とした歌声をもつ女性シンガーLisa Salvoを中心としたプロジェクトで、ソロ時代から一貫したノスタルジックな響きをもつメロディのフォークソングを基調としつつ、蠢くアヴァンなアウトスケールギター、静かに野性味を感じさせるミニマルなリズムアンサンブルによる実験音楽を融合。緻密に構築されたシャープ/ソフトなテクスチャの織りなすアンサンブルは、日本未紹介なのが不思議なくらい本格派の佇まい。今回は、Takako Minekawa & Dustin Wong との共演も実現する東京公演を含んだ4箇所をツアー。

共演は、幽玄なアシッドフォークシンガー玉屋を中心とするニールヤングライクなアメリカーナ〜チルアウトなソフトサイケまでを横断するサウンドスケープに磨きをかけている"玉屋バンド"

フロントマン・ハラコウタによるファンタジックな歌詞世界と、古今東西のグッドミュージックを吸収したメロディが素晴らしい、架空の異国を旅するような感覚に溢れたアコースティック小楽団・"チョコレートタウンオーケストラ"(この春、メンバー編成を刷新し、フルアルバム『化石あつめ』をリリースしたばかり!)

チープなサンプリングリズムトラックの上でリッチな響きのヴァイオリンと、ローファイなストロークギター、暖かみのあるシンセが自由に踊る女子二人組によるネクラDIYベッドルームポップHey!bobby

>>>>>>>>>>

10月9日(日)Give me little more.
On Diamond Japan Tour 2016
▽出演:On Diamond(from オーストラリア)、玉屋バンド、チョコレートタウンオーケストラ、Hey!bobby
▽時間:19:00(開演)/18:30(開場)
▽料金: (前)¥2,000/(当)¥2,500 *ドリンク別
▽予約:give.melittlemore@gmail.com

>>>>>>>>>>

On Diamond(オーストラリア)



玉屋バンド

チョコレートタウンオーケストラ

2016-09-30

2016年9月30日(金)『DORCELSIUS JAPAN TOUR 2016 松本公演』

DORCELSIUS
フランス発、二人のオーディオヴィジュアルアーティストによるエクスペリメンタルエレクトロユニットが登場!!

カンボジア系フランス人のSaphyとフランス人のSamuel Trifot、2人のオーディオヴィジュアルアーティストによるエクスペリメンタルエレクトロユニット"DORCELSIUS"が登場。エキゾ、サイケ、ノイズ、ローファイなアプローチが散りばめられたサウンドメイキングによる実験的かつキャッチーなトランスサウンドは、現実離れした悪夢のような、もしくはB級SF的レトロフューチャーな架空世界を思わせます。それぞれソロ活動も行う彼らの活動フィールドは多岐に渡り、地元フランス、ヨーロッパのみならずアメリカ、中国、オーストラリアでツアーを成功させ、これまでにMELT BANANA、COLD CAVE、Lydia Lunch、少年ナイフ、増子真二(DMBQ)らベテラン勢からJaakko Eino Kalevi、Lebanon Hanover、Hype Williams、James Ferraro、LOVE CULTらポストチルウェイブ以降の流れに位置する新鋭アーティストらとも共演。

地元からは、松本筑摩のエクスペリメンタル倉庫marsmooを拠点に活動するマサの歌を中心に据えたグルーヴィーユニット"padge"

ローファイサンプラー、ペダルエフェクター、カリンバによるサウンドメイクでトライバルなアンビエントループミュージックを生み出す“キリンボウ

ableton liveを駆使したチルなライブセットが素晴らしい女鳥羽川沿いのアンビエントジャム職人"maita"

一癖も二癖もある世界中の民芸品をセレクトする雑貨店サムサラのオーナーであり、ルーツ、ワールドミュージックを中心とした選曲でフロアを恍惚とさせる"DJ JUN"。


>>>>>>>>>>

9月30日(金)Give me little more.
『DORCELSIUS JAPAN TOUR 2016 松本公演』
▽LIVE:DORCELSIUS(from France)/ padge / キリンボウ / maita(chez momo)
▽DJ:DJ JUN(samsara)
▽料金: (前)¥2,000/(当)¥2,500 *ドリンク別
▽予約:give.melittlemore@gmail.com

>>>>>>>>>>

DORCELSIUS

二人のビジュアルオーディオアーティストによる エレクトリックコラボレーション。キラキラな和音やアッシドブ リップを散りばめた彼ら独自の抽象的なサウンドは、ぜひコロン ビアンデビルズブレス(世界で最も危険なドラッグの一種)を完 全に絶ったクリアな頭(要するに、固定概念抜き)で、その「 音-楽」たる所以を本質的に体感していただきたい。実験的かつ キャッチーなトランスアウト・エレクトロ・サイケデリックサウ ンドがダンスフロアへと誘うだろう。 彼らは地元フランスをはじ めとするヨーロッパ各国だけでなく、アメリカ、中国、オースト ラリアでのツアーを成功させている。また各国のフェスではMELT BANANA, COLD CAVE, LEBANNON HANNOVER, JAAKKO EINO KALEVI, K-X-P, LOVE CULT等のアーティストと共演を果たした。 ファースト7インチとEPをStellar Kinematics (Fr), Aural Sects (Uk), Steak Au Zoo (Ger), Neh-Owh (Dk) and 51 Beats (Ita)から リリース、Vyurd Wurd (Usa)からリリースされている最新のEPに はPOPSIMONOVAやPROFLIGATE、 LOW SEAとのコラボレーショ ンが収録されている。 二人はそれぞれKIKILIMIKILII(Samuel) 、LAFIDKI(Saphy)のソロ名義でも活動しているので、そちらも 注目したい。
DORCELSIUSはフランスのエレクトロ/エクスペリメンタルバン ドです。ソロではVAMPILLIA, SHONEN KNIFE, SHINJI MASUKO, HYPE WILLIAMS, LE1F, MARIA MINERVA, MOLLY NILSSON, COM TRUISE, LYDIA LUNCH, MI AMI, ITAL等のサポートをつとめまし た。


Saphyはカンボジア系フランス人のミュージシャンで、Lafidki名 義で活動しています。重複するリズム、ノイズ、抽象的な機械音 を無造作に混合して音を作ります。彼にとってライブとは常に、 その空間や人々のエネルギーによる決断と自発的思考の実験で す。 Seoul (Yogiga), Bangkok (Museum Siam), St Petersburg (Erarta Contemporary Art Museum), Pittsburgh (VIA Festival), Hong Kong (Strategic Sounds), and Tallin Music Week Festival など各国でのソロ、コラボレーションの経験があります。 サポー トを務めたアーティストは、Hype Williams, Le1f, Lydia Lunch, Shogun Kunitoki, Shonen Knife, James Ferraro, Maria Miner- va, Molly Nilsson, Com Truise, Nate Young, Laurel Halo, Ital 等、コラボレーションはRory Hinchey, Dustin Wong (Ecstatic sunshine, Ponytail) Dorcelsius等。Steak au Zoo recordsを運 営する傍ら、noise, experimental and free music concertsシリー ズのオーガナイザーなども務めています。最新作はOrange Milk records(NY)よりリリース。

KikiilimikiliiはSamuel Trifotのソロプロジェクトです。彼はパ リジャンレーベルの立ち上げ人であり、Dorcelsius BCBG Feu Machin and Gross Biteのメンバーでもあります。 2010年より世 界各国でパフォーマンスをする傍ら、Amdiscs and Jozikからリ リースも続けています。 これまでの共演アーティストはVampil- lia, Moan (Shinji Masuko), Mi Ami, High Wolf, and Ensemble Economique等。 彼の音楽は反響するコーラスであったり即興を 思わせるような、またエキゾチックな要素も含んでいて、サイケ デリックなノイズやトランスが静かに調和されたリズムパターン をライブで楽しめます。

padge




キリンボウ

2016-09-23

2016年9月23日(金)『Yolo Biafra(chk chk chk !!!) DJ in JAPAN』

イベントフライヤー

Yolo Biafra a.k.a Allan Wilson

NYディスコパンクムーブメントの立役者!!!(チック・チック・チック)のメンバーによるDJセット!!

りんご音楽祭の前日、松本に突如、とんでもないゲストがポートランドからやってきます!

2000年代中盤にLCDサウンドシステムやラプチャーらとともにNYディスコパンクムーブメントを牽引し、日本では2010年にはフジロックホワイトステージのヘッド・ライナーを努めたことでも知られるディスコ・パンク・バンド!!!(チック・チック・チック)のオリジナルメンバー"Yolo Biafra a.k.a Allan Wilson"がDJセットでギブミーに登場!
!!!では、サックス、ドラム、ピアノ、オルガン、シンセ、パーカッションなどを担当するマルチプレイヤーとして、ヒリヒリとしたパンクの衝動により祝祭性に溢れた肉体的ダンスミュージックをつくりあげてきた彼。ここ数年では、!!!の公式アフターパーティーDJとして、アメリカだけではなく、オーストラリア、フランス、ドイツ、イギリス、アイルランド、ノルウェー、ベルギー、マケドニア、クロアチア、スペイン、ポルトガル、メキシコ、チリ、日本、韓国、香港、フィリピンなどなど世界中のパーティーに出演。DJセットでは、ハウス、テクノ、アシッド、ソウル、ファンク、ポストパンクなどジャンルを越境したミックスを展開。今回はツアーとして日本を回るわけではないので、彼のDJプレイが楽しめるのは本当に極僅かな場所に限られています。それがまさか、松本だなんて!

共演者

susotarazu×BAb1A
GURA GURAのメンバーの一人であり、ダブ、ラバーズロックから雅楽、落語までカルトなレアグルーブを日々収集するBAb1Aと、今年東京から移住してきた謎の女性ノイズ音楽家susotarazuによるB2B

maedariko
インディミュージックパーティーHungry Beat!のリーダーであり、9月中旬より営業を開始するマーキングレコーズを主宰するポストパンク、ギターポップ中毒DJ。

NICO
インディ/オルタナ/ニューウェイブからノイズ、ミニマルテクノ、前衛美術やサブカルチャーなどへの造詣が深いダークからアッパーなナンバーまでジャンル超越的選曲が素晴らしいミステリアスなDJ。

この日は、りんご音楽祭前夜祭の共通チケットで入場できます。MOLE HALLでのイベントにも同じチケットで入場可!めちゃめちゃお得な設定になっているので、りんごに行ける人も、行けない人もこの夜を楽しんでくださいー!!


>>>>>>>>>>

9月23日(金)
【りんご音楽祭前夜祭!!!】
『Yolo Biafra(chk chk chk !!!) DJ in JAPAN』
▽GUEST DJ:Yolo Biafra(from chk chk chk !!!)
▽DJ:susotaraz×BAb1A(GURA GURA)、maedariko(Marking Records/Hungry Beat!)、NICO
▽TIME 20:00-25:00
▽TICKET りんご音楽祭前夜祭共通チケット¥2,000

>>>>>>>>>>

Yolo Biafra(Allan Wilson) !!! - chk chk chk

カリフォルニア州サクラメントのパンクシーンにルーツをもつ独創的なダンスパンクマシーン集団・!!!(チック・チック・チック)のオリジナルメンバー。バンドでは、サックス、ドラム、ピアノ、オルガン、シンセ、パーカッションなどを担当するマルチプレイヤーとして、ヒリヒリとしたパンクの衝動により祝祭性に溢れた肉体的ダンスミュージックをつくりあげてきた。ここ数年は、!!!の公式アフターパーティーDJとして、アメリカだけではなく、オーストラリア、フランス、ドイツ、イギリス、アイルランド、ノルウェー、ベルギー、マケドニア、クロアチア、スペイン、ポルトガル、メキシコ、チリ、日本、韓国、香港、フィリピンなど世界中のパーティーに出演。現在は、ポートランドに移住し、SDB-HITSを用い音楽を制作。ハウス、ファンク、ソウル、テクノ、ディーヴァ、クラブ、アシッドが交差するミックスによって世界中のフロアを魅了している。




2016-09-21

2016年9月21日(水・祝前)『Peter Joseph head Japan Tour 2016 松本公演』


Peter Joseph Head

琴と三味線が弾ける親日家のポップメイカー
"Peter Joseph Head"がオーストラリア・メルボルンより登場!

オーストラリアの親日家ポップ職人"Peter Joseph Head"3度目の松本登場です!
音源では、職人的つくりこみがなされたカラフルなベッドルームポップを展開する彼。近年はどういうわけか日本語を大胆に取り入れた制作をおこなっています。京都で大学生活を送っていたということもあり、たゆたうや4 bonjour partiesら日本人アーティストとも交流の深く、昨年、遂に教育テレビ的ハッピー感溢れるリリックの全編日本語詞アルバム『皆で』をテニスコーツ主宰のレーベルmajikickよりリリース。ギターポップ、アコースティックポップ好きが唸らずにはいられない凄まじく陽性な極上メロディと、カタコト日本語の歪さのギャップが狂ったバランスを生んだ、彼にしかできないヘンテコポップを体験してください!
前回は、地元ミュージシャンを巻き込んだ即興バンドでの演奏もありましたが、今回は何が起こるんでしょうか…!?

共演者も充実です。
長野アクト1組目は、飯田の良心ローファイポップバンド・“Toriqumo”。90's USインディ・シーンに着地したスピッツ!?(というのは少々乱雑ですが)透明感のある声で歌われるメロディ、真っ赤なセミアコから静かに流れ落ちるようなギターフレーズが素晴らしい、人生における(メインストーリーではない)ちょっとした思い出を思い出すときのような味わいに溢れた、小さくて大きいポップソングの数々に陶酔。

長野アクト2組目は、ピュアネス宅録ボーイ北村くんと素直な毒をもつ純フォーク女子シンガーおいらにより結成された背伸びお洒落ポップスユニット"金魚注意報"。男女ツインボーカルによって歌われる末恐ろしいメロディセンスにノックアウト間違いなし!

長野アクト3組目は、今年の春から活動する二人組ドリーミーガールインディポップユニット“Hey! Bobby”。チープなサンプリングリズムトラックの上でリッチな響きのヴァイオリンと、ローファイなストロークギター、暖かみのあるシンセが自由に踊るネクラDIYベッドルームポップ。

フトかみしめたくなる、生活規模のポップス満載な夜!

>>>>>>>>>>

9月21日(水・祝前)Give me little more.
『Peter Joseph head Japan Tour 2016 松本公演』
▽出演:Peter Joseph Head(オーストラリア)、トリクモ、金魚注意報、Hey!Bobby
▽時間:19:30(開演)/19:00(開場)
▽料金: (前)¥2,000/(当)¥2,500  *ドリンク別
▽予約:give.melittlemore@gmail.com

>>>>>>>>>>

Peter Joseph Head




琴と三味線が弾ける親日家のオーストラリア人シンガーソングライター。過去に4年間日本に在住経歴あり。オーストラリアではメルボルンを拠点に「アクターブディスト」、「タイディタウンズ」というアバンポップ/ロック/フォークバンドとして活動し、ソロとしてもアルバムを出している。オーストラリアのJJJ(全国ネットの若者向けラジオ局)は、彼のソロデビューアルバム『Normal Ours』を「『神経質』、『ぎこちなさ』、『早口』、 『つまづきながら勝ち取った栄光』の全てを捉えている」と評価し、更にアメリカのウェブサイト『ポップマターズ』では「ピータージョセフヘッドは身近でかつ冒険的なポップミュージックが可能であるということを証明した」と評価している。Tailor Made for a smal roomなど日本のアーティストと様々なコラボレーションもしている。2014年には「たゆたう」と共同録音し、「連絡」というシングルをリリースした。

Toriqumo

2016-09-02

2016年9月2日(土)『Hosannas Japan Tour 2016 松本公演』

Hosannas

ポートランド発、チルウェイブシンセポップ叙事詩グループ"Hosannas"が登場!

成熟したインディシーンをもつポートランド発、Ariel Pink’s Haunted Graffiti, Dan Deacon, Akron Familyらと共演歴をもつシンセポップ叙事詩グループ"Hosannas"がギブミーに初登場です!
ノスタルジックなトーンのギターが印象的な生身のバンドサウンドにあわせて、サンプラー、電子ドラム、浮遊パッドシンセが彩るチルウェイブ以降なメロウサイケディスコサウンドの中で、深くリヴァーブがかかった極甘な声で歌われるソウルポップ。時間感覚が消失しそうな陶酔感にどこまでも沈んでください。
Toro y Moi、washed out、Tame Impala、Tychoのファンの方には全力でおすすめ。

共演は、
90'sローファイポップリスペクトの剥き出しのメロディが素晴らしいシリアス/ユーモラスの境界で鳴るノスタルジックインディポップ、一年の半分を容易には下山できない山奥で暮らす“伊藤 圭”によるバンド"ヒーターズ"(松本の重要シンガー"玉屋"、"まさ"がメンバーとして参加!)

上田発CARD、BED、hello hawkなどのメロウなジャパニーズエモ勢にも通じる魅力をもつ非スポーティー涙腺刺激ギターロックバンド"Domino City"

ヴィンテージ国産サンプラー、コンパクトエフェクターをぐるっと並べて、カリンバの響きを活かした(最近ではドラムリアルタイムサンプリングも行う!)トライバルなアンビエントループミュージックを生み出す“キリンボウ”。

ノスタルジックな感覚と現代的な感覚が交差するインディ音楽の夜。

>>>>>>>>>>

9月2日(土)Give me little more.
『Hosannas Japan Tour 2016 松本公演』
▽出演:Hosannas(USA),ヒーターズ(伊藤圭バンド),Domino city,キリンボウ
▽時間 (開始)19:00/(開場)18:30
▽料金 (前)¥2,000/(当)¥2,500
▽予約 give.melittlemore@gmail.com

>>>>>>>>>>

Hosannas 

ヒーターズ

キリンボウ

Domino City

2016-08-26

2016年8月26日(金) 『Lizard kisses Japan Tour2016 松本公演』

lizard kisses

ブルックリン発、エコーの霧に包まれた牧歌的ドリーミー・ローファイ・フォーク!

ニューヨーク、ブルックリンの一角に自分たちのスタジオを構え、仲間の音楽家、アーティストを巻き込みながらDIYな活動を行うCory SieglerとMarc Merzaによる男女2人組ドリーミー・ローファイ・フォーク・プロジェクト"Lizard Kisses"dead funny recordsより日本版CDをリリースに伴い初のジャパンツアーを敢行!
アナログな暖かみのあるエコーサウンドに包まれて、草原に寝転ぶような牧歌的な響きのメロディを歌うcoryの少女のような歌声…スプリット盤を出しているfloristをはじめ、Frankie Cosmos、Eskimaux、mitsukiなど現在ニューヨークインディシーンで大注目のローファイムーブメントともリンクする身近でナチュラルなベッドルームポップにトロトロに溶けてください。
(ちなみに、PVはAlice Cohen、ミックスはKレコーズ主宰ローファイレジェンドCalvin Johnsonが担当しているとのこと!)

共演は、
編成が変わり削ぎ落とされたミニマルなリズム感覚がとんでもないことになってきている不可思議インディポップバンド"ジ・オーパーツ"、

骸骨たちがとびっきりのスイートナンバーを演奏しているような寂しいメロウネスをもつ白昼夢サイケバンド"よいのはて"、

暖色系ぐんにゃりギターのエコーにまみれたインチキリゾートポップ&ノスタルジックフォークを男女ツインボーカルで歌う松本のインディポップニューカマー"TANGINGUGUN"。

>>>>>>>>>>

8月26日(金)Give me little more.
『Lizard kisses Japan Tour2016 松本公演』
▽出演:Lizard kisses(NY)/ジ・オーパーツ/よいのはて/TANGINGUGUN
▽時間 (開始)19:30/(開場)19:00
▽料金 (前)¥2,000/(当)¥2,500
▽予約 give.melittlemore@gmail.com

>>>>>>>>>>

Lizard Kisses

ブルックリンに拠点を置くローファイ・フォーク・デュオLizard Kisses。Cory SieglerとMarc Merzaを中心に2010年ごろから作品を制作し始める。かつてはコラボレーターとしてMutual BenefitのJordan Leeも在籍していた。これまでにFloristとのスプリット・シングルや様々なレーベルからDIYなリリースを続けている。

2013年から2014年にかけてバンドはMutual Benefitの傑作『Love’s Crushing Diamond』のサポートに大きく貢献した。自主レーベルSoft Eyesをスタートさせるなど、精力的にDIY活動を広げていく。同郷の様々なアーティストの表現のプラットフォーム的存在にバンドは成長していく。2016年にはこれまでの未発表曲や新曲を集めたコレクション・アルバムを日本のDead Funnyよりリリースした。


http://deadfunnyrecords.com/album/lizard-kisses-not-seeing-is-a-flower/

ジ・オーパーツ