2018-05-19

2018年5月19日(土)『moools/愛人 リリースライブ『松本編』』


moools
ジャパニーズオルタナシーンで多大なリスペクトを集め続ける
詩情たっぷりに摩訶不思議なトリオバンド"moools"が登場!

1997年の結成以来、ポップ/ノイジー、コミカル/シリアス、軟/硬を自由自在に往来しながら詩情たっぷりの摩訶不思議ジャパニーズオルタナティブロックを鳴らし続けて来たバンド”moools”。これまでModest Mouse、Folk Implosion、Deerhoof、+/-らと共演し、OGRE YOU ASSHOLE、bloodthirsty butchers、+/-、トクマルシューゴ、二階堂和美、アナログフィッシュなどからもリスペクトを集め、現在まで新世代オルタナキッズたちからもリスペクトを受け続ける彼ら。今回は新作カセットテープ「愛人」を提げて、ギブミーにてリリースライブを行います!

mooolsの第一の魅力は、フロントマン酒井氏の独自の言語感覚による日本語詞。(『ユリイカ』誌「Jポップの詩学」特集でも絶賛され、「moools歌詞集」をバイブルにしているバンドマンも少なくない!)名づけられず忘れられていく日常風景から詩情を拾い上げ、時に人が目を背けるようなリアリズムで突き放し、時に執拗な言葉遊びの連続により脱臼したユーモアたっぷりのファンタジーを生み出し、ふいにストレートに感情を揺さぶるキラーワードを投げかける…「意味」に枝垂れかからなず、一つの言葉と言葉が関係を結ぶ時に生まれる知らない感情を生み出すそのリリックは、フォークを濃厚に感じさせるセンチメンタルなメロディラインと確信犯的に不安定にたゆたうボーカルによって愛嬌と哀愁を帯び、頭をグニャグニャにほぐし、心にチクチクと突き刺さります。mooolsが言葉の壁を越えて世界中のインディ音楽家たちからも愛されるのは、酒井氏のリリシズムの世界とリンクしながら表情を変える鉄壁のトリオアンサブルゆえ。硬質な音像のタイトビートから、弛緩した軟質なグルーヴまで、歌の呼吸に合わせながら自由自在にテンポ感を変化させるリズムセクションは地平を歪ませ、ギターリフはどこまでもキャッチー、繊細なアルペジオギターが啜り泣いたかと思えば、轟音ヘヴィサイケデリックの渦へ…あくまで脱力した魅力を放ちながらニヤニヤとした顔で、目まぐるしく風景を飛び越えていく彼らの演奏はぜひライブで味わっていただきたい!冴えすぎた言語感覚がもはやMCにまでも存分にはみ出し、熱量の高いパフォーマンスとコントラストをなしながら、理解からスルスルと逃げていく独特のステージングは必見!(こんなバンドと巡りあえる人生でよかった!)

共演は、この3組。

USインディマナーのフレージング、80'sニューウェイブ、ポストパンク的硬質ビート感と、妖艶な空気、メロディに漂う歌謡曲的叙情…彼らが通過した音楽的影響を出し惜しむこと無く捏ね上げ、アイロニカルで濾過した情熱を漂わせる松本代表インディロックバンド”ベアーズマーキン

くぐもった奇妙なエコーサウンドと煌めきのシンセサウンドに分厚く塗られた音像の中で、失われた風景を思うような感傷的かつ歌謡的なメロディが響く男女ボーカルドリーミーフォーク/ウィアードポップバンド”TANGINGUGUN

ナイーブなコーラスワークが美しい夢想サイケデリアオルタナ~レインコーツ的ガチャガチャニューウェイブパンクまでを楽器を持ち替えながら3人で鳴らすDIYスタイルなドリームパンクバンド"Her Braids

(幅広い意味での)インディロックが好きな人はマストなイベントです!

////////////////////////////////////

2018年5月19日(土) Give me little more.
『moools/愛人 リリースライブ『松本編』
LIVE:moools(東京) / ベアーズマーキン/ TANGINGUGUN / her braids
▽料金:(前)¥2,000 / (当)¥2,500 +1Dオーダー
▽時間:(開場)18:30 / (開演)19:00
▽予約:give.melittlemore@gmail.com

////////////////////////////////////



moools


ベアーズマーキン


TANGINGUGUN

2016年夏に松本で結成されたドリーミーフォーク / ウィアードポップバンド。 奇妙でlo-fiなエコーサウンドに包まれたサウンドスケープと、男女ボーカルによる歌謡感溢れるメロディ&ハーモニー。 2017年夏の終わりに完全DIYで制作された初音源となるミニアルバム『馬鹿な魚』をリリース。 現在はドラム、シンセサイザーの新メンバーが加わり四人編成をメインに活動中。これまでに、Tara Jane O'neil(US), Yumbo(仙台),Dustin Wong & Minekawa Takako,cotillon(US),scott and charlene's wedding(AUS),Jay Arner(CAN),Fake Tears(CAN),Parasol(KOREA),Magic Island(DEU)らと共演。

Her Braids

2018-05-11

2018年5月11日(金)WHALE TALX × annie the clumsy live in Matsumoto

WHALE TALX

annie the clumsy

メロウに浮遊するサウンドのインディヒップホップ集団と
スモーキーな歌声と軽妙なユーモアの楽曲のウクレレSSWが登場!

新進“奇形”のHIP HOP集団”WHALE TALX(ホエール・トークス)と数々のCM楽曲を手がけるなど話題沸騰中のウクレレ/バンジョー/ギター弾き語りSSW”annie the clumsy”(アニー・ザ・クラムジー)が松本に登場!コラボレーションも行うこの2組のゲストを迎えたパーティーライブを開催します!

WHALE TALXは、もともとピクニック仲間だったというlazyboy、似非animal、じんかくのふいっち、Isao Kurodaの3MC1DJからなる埼玉のインディヒップホップ集団。活動自体は謎に包まれていながら、Phoenix「Lisztomania」、nulbarich「new era」を大胆にサンプリングした楽曲、DIVA的立位置でゲスト参加するannie the clumsy自ら監督した独特の時間感覚が漂うビデオが耳の早いリスナーの間で話題に!フレンチポップ、シティポップ、シンセポップ、ドリームポップ、ヴェイパーウェーブとも共鳴するメロウに浮遊するlazyboyのトラックと、かせきさいだぁにも通じるスムースなフロウ、脱力したスタンスで意味を放棄しているかのような言葉遊び的な佇まいを放ちつつ時折、ハッとさせられるラインが飛び込んでくるリリック…それぞれが好きなものだけを詰め込んだ正直なコラージュ感覚によって生み出された日常のファンタジーからは、どこか知らない土地へ車を走らせるわけでもなく、地元の仲間と時間を持て余すように昼間から飲んでいるうちに意識が現実から遠のいていくような背徳感と陶酔感が漂います。都市近郊からしか生まれ得ない、エキゾに逃げない、ドリーミーバケーションポップス!

annie the clumsyは、軽妙なユーモアを交えたナチュラルな英詞と、一息で空間に独自の世界を立ち上げる特徴的なスモーキーヴォイスのウクレレ/バンジョー/ギター弾き語りSSW。イギリス留学中にホストファミリーの影響から音楽制作の魅力にハマり、ベッドルームから日々曲を生み出している彼女。She&HimやBMXバンディッツ、映画で言えば『500日のサマー』『ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール』の空気感にも通じる箱庭的なレトロポップスサウンドには、チープなチャーミングさと、友人との何気ない会話のような思いつきの軽々しさを持ちながらも、そのブレない世界観にはある種の崇高さが漂います。「脚本、映像、音楽、演技と、自分ができることを全部詰め込んだショートフィルムを作りたい」と語る彼女が、ライフワークのように自身のyoutubeチャンネルにアップロードしている数々のビデオも必見。ミスID2016山崎まどか賞受賞、人気SSW王舟のツアーサポート、CM業界からの数々の楽曲制作オファー…など多方面へとますます躍進しつつ、あくまで平熱に飄々としたスタンスを崩さないその存在感、要注目です!

地元バンドアクトはこの2組!

くぐもった奇妙なエコーサウンドと煌めきのシンセサウンドに分厚く塗られた音像の中で、失われた風景を思うような感傷的かつ歌謡的なメロディが響く男女ボーカルドリーミーフォーク/ウィアードポップバンド”TANGINGUGUN"。

松本筑摩に位置する秘密基地的クリエイティブ倉庫marsmooの主でありボーカル〜ギター〜ドラムまで何をやってもグルーヴが息づくシンガー"マサ"が率いる、活動自体が松本の音楽家たちのプラットフォームになっている不定形音楽集団"padge”

この日のDJは、りんご音楽祭代表、松本最狂のパーティーピーポー”古川陽介aka DJ sleeper”。ジャンルを軽々と横断しながらメロウな瞬間を逃さずにパッケージしたような音酔必至なDJプレイ!

////////////////////////////////////

2018年5月11日(金) Give me little more.
『WHALE TALX × annie the clumsy live in Matsumoto
LIVE:WHALE TALX(埼玉) / annie the clumsy(東京)/ TANGINGUGUN / padge
▽DJ:DJ sleeper
▽料金:(前)¥2,000 / (当)¥2,500 +1Dオーダー
▽時間:(START)18:30 -
▽予約:give.melittlemore@gmail.com

////////////////////////////////////

WHALE TALX
日頃からピクニック仲間だったlazyboy、似非animal、じんかくのふいっち、Isao Kurodaの四人がサンドウィッチを作る感覚で始めた音楽プロジェクト。行き当たりばったりでレシピのない創作から生まれたのは、焚き火にぴったりな新進“奇形”のHIP HOPだった。

annie the clumsy

2010年よりFlight of the Conchordsに影響を受け、宅録で音楽制作を始める。 YouTubeやSoundCloudにて主にウクレレを使用した楽曲の発表を続け、2012年、1stDemoアルバム「Annie the clumsy vol.1」を自主リリース。 2014年同作を元にGOTOWN RECORDSより初の流通盤、「from my messy room」を発表。 CMソングの歌唱・作詞作曲等に携わりながら都内を中心に活動。

TANGINGUGUN

2016年夏に松本で結成されたドリーミーフォーク / ウィアードポップバンド。 奇妙でlo-fiなエコーサウンドに包まれたサウンドスケープと、男女ボーカルによる歌謡感溢れるメロディ&ハーモニー。 2017年夏の終わりに完全DIYで制作された初音源となるミニアルバム『馬鹿な魚』をリリース。 現在はドラム、シンセサイザーの新メンバーが加わり四人編成をメインに活動中。これまでに、Tara Jane O'neil(US), Yumbo(仙台),Dustin Wong & Minekawa Takako,cotillon(US),scott and charlene's wedding(AUS),Jay Arner(CAN),Fake Tears(CAN),Parasol(KOREA),Magic Island(DEU)らと共演。

2018-05-03

2018年5月3日(木)ライブイベント『アルプスの物語』〔ゲスト:メシアと人人(京都)/ わたなべよしくに(大阪) / IKIMONO(京都) / はまいしんたろう(ロンリー・岡山)〕

メシアと人人


わたなべよしくに

IKIMONO

轟音、オルタナ、ポエトリー、フォーク、Jロック、ジャンクエレクトロまで
関西から注目のゲストが4組登場!

岐阜の早耳JインディリスナーであるK氏によるギブミーでの企画第二弾!
ゲスト4組全5アクトのボリューミーなライブイベント「アルプスの物語」が開催されます。

1組目のゲストは、京都発、ギターとドラムの男女による「はんなり相撲 ドリームノイズポップ」バンド”メシアと人人 (にんじん)”。フルストロークで掻き鳴らされる鋭角で夢幻な轟音ギターと、地鳴りのようなローエンドと鋭い風のように小刻みに切り裂く金物による音像が素晴らしいドラミング、身体が張り裂けそうな叫びにも似たユニゾンボーカル、がひとつの塊となって叩きつけられる剥き出しの爆音オルタナ!もともとはベーシストの急な脱退のため止むを得ず始まったというベースレスの編成を逆手に奏でられる”隙間”を巡る攻防戦のようなサウンドは、時にジーザス・アンド・メリー・チェインでもあり、轟音を奏でるyo la tengoのようでもあり、ナンバーガールでもあるのに、肌触りはどれとも違う質感。飾りっ気なしの隣のお兄さんお姉さん的親しみをもった二人のキャラクターはどこまでもチャーミングで、そのキャラクターとバッチリ乖離のないリリックは、投げやり由来ゆえに信頼できるポジティブなスピリット〜ナンセンスなユーモア満載。ライブパフォーマンスは猫騙し無しのぶちかましステージング。京都のインディ若手代表格のこの2人組をお見逃しなく!

2組目のゲストは、大阪からおかっぱ頭がトレードマークのポエトリーフォークシンガー”わたなべよしくに”。声のか弱さを100%武器に変えたセンチメンタル過剰水分量多めポエトリーラップ(時折の関西弁混じりがさらにエモ)をギター弾き語りスタイルで展開する異色の音楽スタイル。徹底的に1人称な目線で日常の不安や葛藤を言葉で詳細に突き詰めたような息苦しさの先のルーザー的ロマン〜お伽話的なショートストーリーまで、彼のリアルとファンタジーを往来する風景描写に触れると酸素が薄くなっていく時のような独特の陶酔感を覚えます。音源ではポストロック、シティポップ、オルタナティブ、音響的なアプローチも取り入れる彼の音楽は、ライブでも純フォークに固執することない多様な音楽性が見え隠れするギタープレイを聞かせてくれます。音、言葉、声、どれもが過剰に熱を帯びることなく渾然一体と風景を紡いでいく様をぜひ、ご堪能あれ。

3組目のゲストは、京都大学生シーン発の男女ギター&ドラムツーピースバンド”IKIMONO”。フォークとポップスとオルタナティブの境界で鳴るくるり、奥田民生などから連なる90’s〜00’sJロック的哀愁メロディ、あっけらかんと突き刺さるボーカル、ファットに歪んだギターストローク、フレーズに寄り添った歌心を支えるドラム…ツーピース編成での飾りっ気の無しなシンプルサウンドゆえに、帰り道に気づいたら口ずさんでしまいそうなキャッチーな歌心が前景化して、じわじわと胸を締め付けられるような心地になります。

4組目のゲストは、LessThanTVよりアルバムをリリースしている岡山の至宝、センチメンタルにポップにスカムにハードコアする4人組バンド”ロンリー”のドラマー”はまいしんたろう”がソロセットで登場。ノイズとゲームミュージックが交差するジャンクな音楽の中で、ヘッドライトを装着しながらのジャンプと絶叫によるハードアクションが炸裂!

松本からは、日常を高解像度で切り取ったヒリヒリとしたリリックとギター3本によるジャングリーポップサウンドのコントラストが眩い!松本の若手人気ポップスバンド金魚注意報の紅一点”おいら”による5人組インディポップバンド”コスモス鉄道”が出演。

////////////////////////////////////

2018年5月3日(木) Give me little more.
ライブイベント『アルプスの物語』
LIVE:メシアと人人(京都)/ わたなべよしくに(大阪) / IKIMONO(京都) / はまいしんたろう(ロンリー・岡山) / コスモス鉄道
▽料金:(前)¥2,000 / (当)¥2,500 +1Dオーダー
▽時間:(開場)18:30 / (開演)19:00
▽予約:give.melittlemore@gmail.com

////////////////////////////////////

メシアと人人

ギターとうた 北山敬将 
ドラムとうた ナツコ
京都発男女2人組ドリームノイズポップ・バンド 
2010年夏 京都にて結成、2012年8月より現体制で活動中。 いろんな意味で見た目とは裏腹なライヴとそのサウンドは、老若男女国籍問わず観た人を気にさせる。
2016年1月、ファーストミニアルバム「最後の悪あがき」をリリース。同年3月レコ発イベントのファイナルとして踊ってばかりの国・おとぎ話とのスリーマンライヴを京都METROにて開催し、盛況に終える。2017年4月にはライヴテープ、bulbs of passhionとのスプリット7インチをリリース。
わたなべよしくに

2013年 1stミニアルバム「でもでもでも」リリース。
2014年 自主制作音源「でもでもでもでも」リリース。
2015年 無料single「ぼくのカブ」リリース。
2016年 両A面無料single「カッパへ / ライブハウスに辿り着けない」リリース。

先人たちが作り上げた型枠に吹き溜まりのゴミとポップイズムを流し込み、「自分の表現」を形成すべくトライアンドエラーを繰り返している。

IKIMONO

生きてる二人

はまいしんたろう
 

2018-04-29

2018年4月29日(日・祝)『Peach Kelli Pop Japan Tour 2018 松本公演』Rhyming Slang×Marking Records


Peach Kelli Pop
TAWINGS

カナダ発、カリフォルニアを拠点に活動する
極甘メロディと疾走ドタバタビートのガレージバブルガムポップバンドが来日!

次世代のインディ・ロック・バンドを愛情たっぷりにフックアップし、近年は韓国や台湾にもその輪を広げているDIYイベント"Rhyming Slang”と、世界中に散らばる局所的なインディシーンの熱にまなざしを向ける松本日の出町のレコードショップ”Marking Records"の共同企画をアメリカ、東京からゲストを迎えて開催!

1組目のゲストバンドはカリフォルニアより、人気ガレージポップレーベル・バーガーレコーズからもリリースするアリー・ハンロンを中心としたローファイ・ガレージ・ポップバンド”Peach Kelli Pop”が登場!はじけるチャイルドライクな歌声、レトロなバブルガムポップの香りが漂うシンガロング必至のグッドメロディ、ポンコツカーで仲間とドライブするようなドタバタ疾走パンクビート…B級ティーンムービーの世界にトリップしそうなバカ騒ぎの楽しさを纏いつつ、自然に湧き上がる社会的な抑圧への怒りも包み隠さず、ポップの魔法を武器に闘う、甘くも骨太な彼女たちのライブ、必見です!美少女戦士セーラームーンにインスパイアされている(実際にテーマ曲をパンクカバーしている)というエピソードからも伺える日本びいきで、今回なんと4度目の来日!待望の松本公演。

2組目のゲストバンドは、ジャパニーズインディシーンに突如登場、SXSW2018にも出演した話題沸騰中のガレージポストパンクバンド”TAWINGS”。The Fall〜初期Elasticaを思わせる胸の奥のざらつきを鳴らすようなギターとソリッドなアンサンブル、LA LUZとも共鳴するような熱帯夜の気だるさが黒光りするビザールサーフガレージの空気感、容易に夢を売らない突き放すような淡々としたステージでの佇まい…そのどれをとっても不穏で、禍々しく、最高にクール!!

地元共演バンドは2組。

ポストパンク、ノーウェイブ、ダークウェイブ、ゴシック、メタル、オルタナティブロックへの過剰な愛で全てをデストロイするショッキング・ハードコアバンド”inco.”(2000年代後半の長野シーンを騒然とさせその後一旦解散、昨年再結集!過去のshort !sharp !shock!なスタイルをかなぐり捨てて、新たなる姿で松本へ再降臨!)

Lo-fiで奇妙なエコーサウンドと煌めきのシンセサウンドに分厚く塗られた音像の中で、失われた風景を思うような感傷的かつ歌謡的なメロディが響く男女ボーカルドリーミーフォーク/ウィアードポップバンド”TANGINGUGUN"。

DJはこの2人。

ゲストDJは、横浜・綱島のパンク/ガレージ/インディを中心とした中古盤から現行バンドの新譜までを扱うr/Dream On Recordsの"nakamura"氏。

松本からはダークシンセウェイブ〜ジャンクエレクトロ〜ポエムコア〜クラシック〜エンヤまで、ジャンル超越的ストーリーテリングな選曲が光る”nu"。

////////////////////////////////////

2018年4月29日(日・祝) Give me little more.
Rhyming Slang×Marking Records presents
Peach Kelli Pop Japan Tour 2018 松本公演
LIVE:Peach Kelli Pop(US) / TAWINGS(東京) / inco / TANGINGUGUN 
▽DJ:nakamura(r/Dream On Records)/ nu
▽料金:(前)¥2,500 / (当)¥3,000 +1Dオーダー
▽時間:(START)18:30 -
▽予約:give.melittlemore@gmail.com

////////////////////////////////////

Peach Kelli Pop



TAWINGS
2016年に結成された女性4人組ポストパンク・バンド。80年代のニューウェイヴやジャーマン・ロックなどの影響を感じさせるユニークなサウンドで、まだアナログ・シングルとかセットしか作品が出ていないのに話題を呼ぶ存在に。80年代的でありながら未来的なセンスを感じさせるファッションなど、新時代のアイコンとしても注目されている。

Inco.

2006年結成。いろいろあって一旦解散後、2017年に再集結。過去のshort !sharp !shock!なスタイルをかなぐり捨て、post punk,hardcore,no wave,dark wave,metal,gothic,alternative,hip-hop等を通過しつつも、あくまで素直に湧き出る感情を、音とパフォーマンスに昇華するスタイルを実践中。破壊、再構築。We are Destroyer Squad!

TANGINGUGUN

2016年夏に松本で結成されたドリーミーフォーク / ウィアードポップバンド。 奇妙でlo-fiなエコーサウンドに包まれたサウンドスケープと、男女ボーカルによる歌謡感溢れるメロディ&ハーモニー。 2017年夏の終わりに完全DIYで制作された初音源となるミニアルバム『馬鹿な魚』をリリース。 これまでに、Tara Jane O'neil(US), Yumbo(仙台),Dustin Wong & Minekawa Takako,cotillon(US),scott and charlene's wedding(AUS),Jay Arner(CAN),Fake Tears(CAN),Parasol(KOREA),Magic Island(DEU)らと共演。

2018-04-21

2018年4月21日(土) 『Hungry Beat! #13 GUEST:SaToA』

SaToA

イノセンスな煌めきのメロディを全員ボーカルで歌う
東京の最注目ガレージポップバンドが登場!

ハラペコたちのためのインディミュージックパーティー”Hungry Beat!”を久しぶりに開催します!

ゲストは、Sachiko、Tomoko、Amiの3人による東京のガレージギターポップトリオ"SaToA"(バンド名はそれぞれの名前のイニシャルに由来)。2年ぶりの登場!
2014年末、池袋ミュージックオルグのファイナルパーティーでの衝撃の初ライブ以来、メロディの豊潤さと、その瑞々しい演奏で一躍話題ととなり京都の良質インディレーベルSecond Royalより7インチをリリース、Hello Hawkとのスプリット台湾ツアーなどめまぐるしい活動を行い、着実に多くの人の心を捉え始めている彼女たち。湧き出るように自然に生まれてくるイノセンスな煌めきのメロディの数々、メンバー全員メインボーカルスタイルでのスイートなハーモニーは、永遠に穏やかな春の午後が続いていくような気分に浸らせてくれます。ギターポップへの憧憬と自然に滲み出た90’sジャパニーズポップスのフィーリングが入り混じる歌心に対して、演奏はガレージ感たっぷり。ふいに飛び込む不協和音や、絶妙なズレには独特の倦怠感が漂います。初期衝動、原石、ピュアネスという枠で語られることも多かった登場当時ですが、ライブ演奏でのラフな魅力は残しつつ、今、バンドは飛躍的に演奏力、アレンジ力を磨き、<有限な輝き>からまた次のフェーズへと進んでいます!今回は、立ち上がったばかりの自主レーベル〈kesäkuuta market〉よりリリースされた1stミニ・アルバム『スリーショット』を携え、松本にやってきてくれます。

共演バンドは、
異国情緒漂うトロピカル夏休みポップス〜スウィートなAORサウンドまで80'sスタイルのポップスを新世代的に賑やかに再解釈した小洒落背伸びポップスユニット”金魚注意報”(今回からデュオ編成で新しい音楽性へと歩み始めるとのこと!)

80’sジャパニーズポップス〜アメリカーナの旨みにほんのり漂うラウンジ感で、おとぎの国の路上音楽のようなファンタジックフォークを奏でる小楽団”クイクイジーラ

DJは、お馴染みHungry Beat!DJs(今回から、金沢から松本に移住してきたisseiが参加!)

////////////////////////////////////

2018年4月21日(土) Give me little more.
『Hungry Beat! #13 GUEST:SaToA』
▽Live:SaToA(東京)/ 金魚注意報  / クイクイジーラ
▽DJ:Hungry Beat! DJs
▽料金:(前)¥2,000 / (当)¥2,500 +1Dオーダー
▽時間:(START)18:30 -
▽予約:give.melittlemore@gmail.com

////////////////////////////////////

SaToA
東京で活動する女の子3人・スリーピースバンド。
ギター・ベース・ドラムに3人がヴォーカルを務めるという珍しいスタイルで活動中。
2014年に結成、翌年に自主制作CD、7inchレコードを立て続けにリリースし、楽曲の持つメロディセンスや音楽の幅の広さから、たちまち話題に。シャムキャッツ主催のイベントをはじめ数々のライブにもバンド・アコースティック編成で場所や人に合わせてライブを披露。MV、ラジオ制作(サトアのなんちゃらラジオ)など興味のあるものに対して追求するDIY精神もあり、音楽活動以外にも積極的に行う。2018年1月24日、kesäkuuta marketを立ち上げ待望の1st ミニアルバム「スリーショット」をリリースする。
バンド名は、メンバーの頭文字(幸子: Sachiko、朋子: Tomoko、亜美: Ami)をとって名付けられた。

Member
佐久間幸子 / Guitar. Vo
佐久間朋子 / Bass. Vo
大石亜美 / Drum. Vo

金魚注意報

異国なトロピカルを奏でたかと思えば、甘く切ない冬を歌う。大学のサークルメンバーから結成し、松本市を拠点に活動する背伸び小洒落ポップバンド。2017年に自主制作盤ミニアルバム『水泳局』を発表、また今年の3月にはミニアルバム『you send me』を発表し只今絶賛発売中!

2018-04-17

2018年4月17日(火) 『JESSICA SLIGTER Japan Tour 2018 松本公演』

Jessica Sligter

ノルウェー発、エクスペリメンタル名レーベル”Hubro”の
音響アヴァンフォークシンガーが登場!

音響〜電子音楽〜インプロ〜実験音楽を越境するノルウェーの名インディレーベル”Huburo”からリリースするノルウェー・オスロ発のシネマティック音響アヴァンフォークシンガー”JESSICA SLIGTER”がユニット編成でギブミーに登場。理性と感情、個人の内面と社会現象を同時に捉え両側面へとアプローチする歌詞世界を、奇妙なシャンソンのようにも聴こえる過剰に演劇性のある歌唱を通じて表現する彼女の音楽。サウンドにドローン、ノイズ、ミニマルシンセウェーブ的音響アプローチを纏い、紡がれる、不快感さえ引き起こすような仄暗い世界観。この不気味さは異端宗教の儀式か、はたまた地獄のミュージカルか?不安や恐怖心に対峙することでしか得られない「浄化」の感覚がここには確かにはあります。彼女のバックボーンには、キリスト教の伝統的ハープ音楽〜戦前のブルースへの尊敬が込められた静かな歌心が横たわり、緊張と不安による恐怖音楽劇のような世界の中に、美しい安息をもたらします。ヴァシュティ・バニアンにも通じるフォークの抒情、レジデンツのファンにも突き刺さりそうな不気味な演劇性、ポストクラシカルファンも唸るであろうアカデミックな音楽的素養による端正な音配置…その音楽性の幅広さを一貫した美意識のもとに一つのプロジェクトにまとめ上げる彼女の才気に触れてみてください!

共演はこの3組。

些細な鳴りや残響までもを精緻にコントロールした削ぎ落とされたストイックなアンサンブルと、決壊したエモーションがモノクロームに交差するエクスペリメンタルポストハードコアバンド”kazzad”、アンドロイドが奏でるJAZZ、

人気のないフロアでラジオから流れるボサノヴァ…そんなイメージを想起させるディストピアのサウンドトラック的シネマティダークダンスビートメーカー"SO"(from GURA GURA)、

文脈編集的アッパーチューンDJ、ライブレポートZINEの活動などジンスタとしても活躍する”nu”によるサンプラーと声とエフェクトによる初ライブセット(幽霊が密室で一人遊びをするかのような断片的ダークシンセウェイブ!)

////////////////////////////////////

2018年4月17日(火) Give me little more.
『JESSICA SLIGTER Japan Tour 2018 松本公演』
▽Live:Jessica Sligter(ノルウェー)/ kazzad  / SO / nu
▽料金:(前)¥2,000 / (当)¥2,500 +1Dオーダー
▽時間:(開場)19:00 (開演)19:30
▽予約:give.melittlemore@gmail.com

////////////////////////////////////

Jessica Sligter


kazzad


SO












1986年、東京生まれ松本育ち

hardcore、JAMband等々を経て、machine live等のソロでの活動を2013年より開始。2015年末、同郷のBAb1aとGURAGURA結成。

翌年GURAGURA名義でのコラージュ、手刷りTシャツ、zine等の展示販売を二週間に渡り某ギャラリーにて敢行。
月一での”GURAGURA lounge”を地元松本にて開催している。りんご音楽祭2013〜2016出演。

dubdubしく、黒いダンスミュージックで毎週末DJ中。
GURAGURA7inchシリーズ第1弾を2017年発表
現在losapson?にて自身の作品を発売中。

2018-04-14

2018年4月14日(土) 『City Camp vol.1 松本』ゲスト:BANK

BANK

90's東京ギターポップシーンの重要人物たちによる新感覚都市型ポップスバンド
を迎えたライブイベント開催!

「都市と音楽」をテーマに掲げたポップスイベント「City Camp」がギブミーにて開催されます。

東京からのゲストは、永遠のヤングソウルバンド”ARCH”の中村大と、戦前のジャズやハワイアン、ブルース等をレパートリーに演奏するデヴィッド・バーンも絶賛したアコースティック楽団ノア・ルイズ・マーロン・タイツの鈴木望を中心に結成、90’s東京のギターポップシーンを彩ったCrue-L、バンド(ブリッジ、ラブ・タンバリンズ、Wack Wack Rhythm Band)のメンバーも参加する都会派ポップスバンド”BANK”。クリアなシンセサイザーサウンド、YMOライクなロボットドラム、ブギーファンク調の汗の匂いのしないカッティングギター&ベースによる奇妙なまでに正確なノン・グルーヴな演奏。その「心地よさ」を至上主義的に追求する無機的な美意識のサウンドデザインの中に、ギターポップ〜ネオアコ〜ニューウェイブ〜ポストパンクなどの80’s音楽への隠しきれない憧憬や和物日本語ポップスでしかなしえないメロディラインによるエモーショナルがさりげなく交差する新感覚洗練ポップス!大阪の名レーベルEM recordsよりリリースされた1st EP「True Temp」がアメリカのインディラジオWXYCでオンエアチャート1位に輝いたというのも頷けるのは、彼らが歩んできた東京の風景と洋楽リスナーとして貪欲に吸収してきた音楽的参照点を、現在地から俯瞰して再構築したインテリジェンスの賜物なのではないでしょうか!近年の若手インディシティポップとはまた違った魅力を放っています!渋谷系、キリンジ、Lampのリスナーにはもちろんのこと、シンセポップ、エレクトロファンク、ニューウェイブファンにもおすすめ!


共演バンドに、
ルーツミュージックへの愛が詰まったフォーキーなサウンドと、おとぎ話の断片のようなファンタジックな楽曲を鳴らす5人組楽団”チョコレートタウンオーケストラ”

異国情緒漂うトロピカル夏休みポップス〜スウィートなAORサウンドまで80'sスタイルのポップスを新世代的に賑やかに再解釈した小洒落背伸びポップスユニット”金魚注意報”(今回から新編成!)

DJに、
世界中に散らばる局所的なインディペンデント・シーンの熱を集めたセレクトショップMARKING RECODSの店主であり、キュートでパンクでストレンジな選曲が冴える”riko”

元Wack Wack Rhythm Bandのメンバーでもあり、現在はカリブ海ルーツ音楽のパーティー「music cafe」を主催し、DJイベント「夜間飛行」、Pine Tree Steel Pan Clubのメンバーとしても活動する(そして本職は寺院の住職!)”Oshow”

////////////////////////////////////

2018年4月14日(土) Give me little more.
『City Camp vol.1 松本』
▽Live:BANK(東京)/ 金魚注意報  / チョコレートタウンオーケストラ
▽DJ:riko(MARKING RECORDA) / Oshow(music cafe/夜間飛行)
▽料金:(前)¥1,500 / (当)¥2,000 +1Dオーダー
▽時間:(開場)18:30 / (開演)19:00
▽予約:give.melittlemore@gmail.com

////////////////////////////////////

BANK

ニュー・ウェーブ、80S,、ディスコ、ファンカラティーナ..、時代の空気とは全く関係のないHYPEな音楽、ポップスを追求するバンド。
’15年リリースのアルバム「True Tempo」が、米 NC のFM局「WXYC」チャート1位を獲得。

中村大、鈴木望、平見文生のユニットとしてスタート、
ブリッジ、ラブ・タンバリンズ、ワック・ワック・リズムバンド、アーチ等の活動を経て集まったメンバー&ゲストの構成で都内を中心にライブ活動中。

金魚注意報

異国なトロピカルを奏でたかと思えば、甘く切ない冬を歌う。大学のサークルメンバーから結成し、松本市を拠点に活動する背伸び小洒落ポップバンド。2017年に自主制作盤ミニアルバム『水泳局』を発表、また今年の3月にはミニアルバム『you send me』を発表し只今絶賛発売中!

2018-04-11

2018年4月11日(水)『Middle Coast Japan Tour 2018 松本公演』

Middle Coast

カナダ発、70'sヨットロックを新世代的に再発見したビーチミュージックトリオが登場!

カナダ・マニトバ出身のビーチミュージックトリオバンド"The Middle Coast (ザ・ミドル・コースト)"が登場。10代前半から学校をサボってライブ漬けの日々を送り、現在もバンで各地の音楽フェスティバルを中心に日々ライブ生活を送る彼らが生み出すのは、イーグルス、ホール&オーツ、ドゥービーブラザーズなどのアメリカンウエストコーストロックを新世代的に再発見し、パワーポップ/インディロックのニュアンスをたっぷりに生み出した珠玉のポップソング。ギター、鍵盤、ドラムを中心としたライブバンド然とした有機的なグルーヴと全員ボーカルの太陽光ハーモニーによるこの嘘みたいに底抜けに明るさに身を委ねると、80’sティーンムービーのエンディングシーンが永遠に続いていくかのような煌めきとセンチメンタルにクラクラしそうになります…!俺たちにこんな青春時代は訪れなかったと嘆くよりも前に、彼らの演奏から立ち上がる潮の香りに誘われて、妄想のヨットクルージングへと出かけてみてもいいのでは?

共演は、この3組。

くぐもったエコーに分厚く塗られた音像の中で鳴り響く失われた風景を思うような感傷的かつ歌謡的なメロディの男女ボーカルドリーミーフォーク/インディポップバンド”TANGINGUGUN"、

シリアス/ユーモラスの境界で鳴る90'sローファイポップリスペクトな剥き出しのメロディが素晴らしいサッドオルタナフォークバンド"ヒーターズ”、

日常を高解像度で切り取ったヒリヒリとしたリリックとジャングリーポップサウンドのコントラストが眩い!松本の若手人気ポップスバンド金魚注意報の紅一点”おいら”によるニューバンド”コスモス鉄道”。


////////////////////////////////////

2018年4月11日(水) Give me little more.
『Middle Coast Japan Tour 2018  松本公演』
▽Live:Middle Coast(カナダ)/ TANGINGUGUN  / ヒーターズ / コスモス鉄道
▽料金:(前)¥2,000 / (当)¥2,500 +1Dオーダー
▽時間:(開場)19:00 / (開演)19:30
▽予約:give.melittlemore@gmail.com

////////////////////////////////////

Middle Coast


カナダはマニトバ出身のトリオバンド The Middle Coast。
キャヴェンディッシュ・ビーチ・ミュージック・フェスティバル、ウィニペグ・フォーク・フェスティバルでの出演に加え、ウィニペグ・ウィークリー・ザ・ユニターにおいてライジングスター賞を受賞。2016年のカナダツアーでマイケル・バーナード・フィッツジェラルドと一緒に周り、バッキングバンドとしての役割も果たす。イブニング・ドライブのサウンドトラックにうってつけの、70年代スタイルの爽やかなロックからは懐かしさと新たな発見を同時に引き出すことができる。The Eagles や Hall & Oates、 Motown Soul に影響を受けたそのサウンドは 、わずか数年間で何千時間と過ごしたツアー移 動中のバンの中で更に磨かれ、クオリティの高 いライブでオーディエンスを魅了し続けている。

TANGINGUGUN

2016年夏に松本で結成されたドリーミーフォーク / ウィアードポップバンド。 奇妙でlo-fiなエコーサウンドに包まれたサウンドスケープと、男女ボーカルによる歌謡感溢れるメロディ&ハーモニー。 2017年夏の終わりに完全DIYで制作された初音源となるミニアルバム『馬鹿な魚』をリリース。 これまでに、Tara Jane O'neil(US), Yumbo(仙台),Dustin Wong & Minekawa Takako,cotillon(US),scott and charlene's wedding(AUS),Jay Arner(CAN),Fake Tears(CAN),Parasol(KOREA),Magic Island(DEU)らと共演。

ヒーターズ
ヒーターズは、ソングライターでありギターヴォーカルである伊藤圭を中心に、
その時々に手伝ってくれるミュージシャンたちと様々なアレンジ、
コミュニケーション、ライブを繰り広げる、オルタナティブフォークロックバンド。

2018-04-07

2018年4月7日(土)『Mount Eerie Japan Tour 2018 松本公演』

Mount Eerie

モダンサイケデリアの先駆的存在であり続けるUSインディ音楽界の鬼才
"Mount Eerie"が5年半ぶりに来日!

濃霧ようなドローン、奥底で静かに唸るディストーションギター、立体的音響によるドラム録音などによるアナログの随を尽くしたウォールオブサウンドと、不安定ゆえに感情を静かに掻きむしる呟きの歌声により、90年代ローファイと2000年代フリーフォークの橋渡し役を務め、ダーティー・プロジェクターズやアニマル・コレクティヴ、グリズリー・ベアら現在のモダン・サイケデリア/アート・ポップ勢の先駆的存在であり続けて来たUSインディ音楽界の鬼才フィル・エルヴラムによる"Mount Eerie"が5年半ぶりに来日。松本にも登場します。
若干23歳でリリースした『The Glow Pt. 2』がPitchforkにてアルバム・オブ・ザ・イヤーに輝くなどの賞賛を受けながら、K Recordsの看板アーティストとして1990年代後半〜2000年代初頭までザ・マイクロフォンズとして作品を発表し、活動名義をマウント・イアリと変えた後も精力的にリリースを行っている彼。今回のツアーは、2016年に夭折した彼の最愛のパートナー、ジュヌヴィエーヴ・カストレイの死をテーマに、喪失、絶望、不在の感情を抱えた4ヶ月間の出来事を日記のように赤裸々に時間を追って綴るアルバム『A Crow Looked At Me』(2017年発売、衝撃と絶賛で迎えられ2017年のベスト・アルバム・リストの上位に多数選出される。)、その続編的内容でもあり、前作以降の時間の流れの中で浮かんでいく思考を少年期〜青年期のエピソードを交えつつ綴った『NOW ONLY』(2018年リリースの最新作。)の2枚のアルバムを携え公演を行います。静かなアコースティックギターの爪弾きと胸をえぐる生々しい歌声によって、彼の中で鳴り続けている愛妻の「こだま」が、そのパーソナルな悲しみを共有しえない私たちの前にも運ばれます。彼は「彼女を愛していると言っている自分の声を増殖させるために、これらの曲を書き、世間に発表する」(『A Crow Looked At Me』ブックレットより抜粋)とこの作品群が生まれ、多くの人たちの前で聴かれるということの理由を語っています。この日のライブ体験がどんな感情を私たちにもたらすのかはここで予測することなどできないでしょう。ライブ当日は、対訳付きのブックレットの貸し出しも行います。その美しいメロディに触れるだけでも彼の表現の魅力に存分に触れることはできますが、ぜひ詩を噛み締めながら聴いていただければと思います。

この日は、共演に長野が誇るフォークシンガー”The End”を迎えます。時代の流れを遠くの方で俯瞰しながら、風刺の効いたブラックユーモアたっぷりにまだ知らない感情に次々と名前をつけていくような(そして恐ろしくグッドメロディな)名曲の数々をひっそりと生み出してきた知る人ぞ知る長野市在住至宝フォークシンガー。友部正人やタテタカコらを筆頭した数々の音楽家が参加した2015年発売のトリビュート盤+ライブ盤の3枚組アルバム『だってあの娘が好きって言ったんだもの』によって全国にその存在が少しづつ知れ渡ってきている彼の音楽、松本で聴ける貴重な機会です。

////////////////////////////////////

2018年4月7日(土) Give me little more.
『Mount Eerie Japan Tour 2018  松本公演』
▽Live:Mount Eerie (US)  / The End
▽料金:(前)¥3,500 / (当)¥4,000  +1Dオーダー 
▽時間:(開場)19:00 / (開演)19:30
▽予約:give.melittlemore@gmail.com

////////////////////////////////////

Mount Eerie



ワシントン州アナコーテスを基盤とするフィル・エルヴラムのワンマン・プロジェクト。1990年代後半からザ・マイクロフォンズ名義で活動を開始。2001年の『The Glow Pt.2』』は、米Pitchforkの年間ベスト・アルバム獲得。2003年以降はマウント・イアリとして活動。夭折した妻の死をテーマとした衝撃的な作品『A Crow Looked At Me』(2017)は絶賛を持って迎えられた。約5年半振り、4回目の来日。


The End

長野在住のミュージシャン。長野市の歓楽街・権堂。その片隅で歌い続けること20余年、その間コツコツと生み出されたThe Endの歌には独特なユーモアと優しさ、音楽に対する愛情が溢れている。2014年3月には活動歴およそ20年を記念して、2日間合わせて7時間強にも及ぶ伝説のワンマンライブが開催された。現在まできちんと発表された音源はなく、今回のCDが実質の初音源となる。CDこそなかったものの、2000年ごろ発表した「引き潮」という曲は、全国各地で複数のミュージシャンにカバーされ、最終的には東京で「引き潮祭り」というライブイベントまで開催された。

「ある夏の一日、The Endを諏訪のとある集会のゲストのひとりとして見たばっかりに俺の人生はそれまでと少しちがう動きをするようになった。人生は楽しいなんて思わないけれど、淋しくなければおもしろくないなんて、あまり考えたことがなかったのだ。いやもしかしたら22歳のころ、そう思っていたのではなかったか、とThe Endに問われたと思った。ロックンロールは淋しいものだ。歌は淋しいものだ。それはすばらしいことだ。The Endのようにすばらしい歌しか歌わない、歌えない、作れない人はこの世には他に少ししかいない。あんまりほめると気持悪いと思われるかもしれないが、正直にそう思うのだから仕方がない。歯車の歯を見たり、散歩している犬の肛門を見たり、拾った石の面相を見たりするときの、もぞもぞとした不安が同居した快感、そういうことをThe Endは感じさせる。帰りたくない家に無意識に帰ってきてしまったことを家の玄関にたどりついたところで気がついた。その後悔と安堵とくやしさを歌で伝えられる男、The Endは牛も似合えばライオンも似合うし、一番似合うのはムササビだ。なんてカッコイイ男なんだろう。」湯浅学 / 音楽評論家

2018-03-17

2018年3月17日(土)『SWEDEN Japan Tour 2018 松本公演』

SWEDEN

マーライオン

ノルウェー発なのに名前が"SWEDEN"!?
タイムレスなメロディのパワーポップバンドが登場!

ノルウェー・エストフォルを拠点に活動する終わらない青春パワーポップバンド、その名も”SWEDEN”がギブミーに登場。ノルウェーなのにスウェーデン!?と誰もが突っ込みたくなるその捻くれたネーミングには、彼らが幼少期〜青春時代に慣れ親しんだ90’s スウェーディッシュポップへの敬意が込められているとのこと。そのエピソードにもあらわれているようにthe Wannadiesのタイムレスなメロディの煌めき、Psychotic Youthの問答無用の疾走感が詰まった彼らの泣きメロミーツディストーションサウンドは、あらゆるカテゴライズを軽々と乗りこえて、シンガロングの渦を作り出すような潔さとエネルギーが溢れ出ています!Weezer、Teenage fun club、SUPERCHUNKに一度でも心を躍らせた人はもちろん、90’sを知らない世代にもこのストレートな爽快感をぜひ、味わってほしい!!

この日は、東京からもう1組ゲストとして、曽我部恵一、佐藤優介(カメラ万年筆)、澤部渡(スカート)をも魅了するド直球ひとりロックシンガー”マーライオン”が登場。16歳の時に神聖かまってちゃんに衝撃を受けキャリアをスタート、歌というよりは「叫び」に近い衝動100%の高校生シンガーとして2010年代初頭の東京ライブハウスシーンの話題の人物として出現した初期の活動を経て、現在は、普遍性のあるポップスへとシフト。しかし、その枠には収まりの悪すぎる彼独特のナーヴァスな閉塞感、喪失感、挫折感がそのまま旨味となった稀有なバランスの「ひとりロック」に行き着いています。ファミレス、スナック菓子、駐車場、夜の国道…が似つかわしいムードなき郊外の絶望に寄り添うサウンドトラック!

異国情緒漂うトロピカル夏休みポップス〜スウィートなAORサウンドまで80'sスタイルのポップスを新世代的に賑やかに再解釈した小洒落背伸びポップスバンド"金魚注意報”(今回で5人組バンド編成は一旦、お休み。お見逃しなく。)、

フリッパーズギター、80’sネオアコへの愛を素直に反映させたポップネス溢れるメロディと、Kレコーズ周辺の90’sUSインディのもつ捻れたローファイ感覚にほんのりバンドブームの熱を纏いつつ宅録を中心に音楽制作を行うミスオカツヤによる”WPX(alone)

エッジィな2本のギターによるsonic youth的轟音をジャパニーズ泣きな歌モノの中で再解釈したオルタナポップバンド"ザ・スーパーアメリカンフットボール"。

////////////////////////////////////

2018年3月17日(土) Give me little more.
『SWEDEN Japan Tour 2018  松本公演』
▽Live:SWEDEN (ノルウェー)  / マーライオン(東京)/ 金魚注意報 / WPX(alone)/ザ・スーパーアメリカンフットボール
▽料金:(前)¥2,000 / (当)¥2,500  +1Dオーダー 
▽時間:(開場)18:30 / (開演)19:00
▽予約:give.melittlemore@gmail.com

////////////////////////////////////

SWEDEN
ノルウェー出身のロック・バンドSwedenが日本デビュ ーを果たす。『Oh, Dusty』と名付けられたこのアルバムは最高にポップなアルバムだ。ウィーザーやオアシス以来、続いてきたロック・ブームを押し上げるグッ ド・バンド。ノルウェー出身なのにスウェーデンって言っちゃう、なんとも言えないセンスも彼らの魅力の 一つだ。ノルウェー?スウェーデン?わかりづらい? ?いや、音を聞いたら一発で分かる、この真っ直ぐな サウンドを堪能せよ!

マーライオン
1993年3月3日、横浜に生まれる。
2009年3月、生まれて初めて行った下北沢でたまたま”神聖かまってちゃん”のライブを観て衝撃を受け、歌い始める。

2010年3月、2タイトル全33曲を収録した自主製作による1stアルバム「ニヤニヤロックンロールベスト」「ニヤニヤロックンロール全曲集」(現在廃盤)を2枚同時リリース。レコ発イベントとして『色々水に流そうよVOL.1』を下北沢屋根裏で開催。

2011年7月、自主企画「月曜日からニヤニヤしようよ」をスタート。

2013年3月、初のライブアルバム「19才」を発売。曽我部恵一氏と共同企画『キラキラでニヤニヤVOL.1』を開催。

2014年11月に3rdアルバム「吐いたぶんだけ強くなる」を、12月に4thアルバム「ボーイミーツガール」、2015年1月に5thアルバム「マーtodaライtodaオォォォン!!!」をリリース。自身初の3ヶ月連続リリースとなる。

2016年1月~12月、大谷能生氏とイベント「大谷能生とマーライオンの崖から落ちてみる」を黄金町試聴室その2にて毎月開催。テーマを設けて大谷能生さんに毎月鍛えてもらいました。

2017年、マーライオンバンド始動。Bass初見元基、Drums石川を迎え、季節ごとにライブイベントを開催。チラシのイラストレーターにぺ子氏を迎え、好評を博す。12月には劇団コンプソンズに俳優と劇中曲歌唱で参加。

2018年。3年ぶりの新作になる1st mini album「ばらアイス」9曲入り17分を1月17日に発売。2月現在ツアー中。

金魚注意報
ビキニに海よりはスクール水着にプールが似合う背伸び小洒落ポップバンド。
紅一点リーダーである金沢里花子が音楽の中だけでは色気のある女になりたいという願望をきっかけに2016年結成。
2017年1月には自主制作盤ミニアルバム「水泳局」を発表し、県外でもライブ活動を行うなど、最近、精力的に活動中。

2018-03-10

2018年3月10日(土)『Marker Starling + Nicholas Krgovich Japan Tour 2018 松本公演』

Marker Starling 

Nicholas Krgovich



シラオカ

カナダが誇る2人のメロウ&スムースポップマスターによるカップリングツアーが実現!

カナダが誇る二人のメロウ&スムース・ポップ・マスター”マーカー・スターリング”&”ニコラス・ケルゴヴィッチ”が、Batschのベーシスト”ジョー・カーヴェル”を引き連れてカップリングツアーを行います!

マーカー・スターリング”は、元々は2000年代にマントラー名義で名レーベルtomlabより3枚の傑作宅録作品を残し、のちに改名した、トロント在住のクリス・A・カミングスによるプロジェクト。ギブミーには2016年の4月以来、2度目の登場。ロバート・ワイアットを彷彿させるテンダーな歌声、ソウル、AOR、ソフトロック、MPBをレコードマニア的視点で消化した都会的な雰囲気のソングライティング、ポコポコと愛らしく暖かいビートを刻むリズムボックスと、メランコリーな響きを醸すウーリッツァーの音色が、ジワジワとした染み渡る曇り空が似合う内省的微糖ブルー・アイド・ソウル。長年、トロント国際映画祭のスタッフをしながら、淡々と音楽家としてのキャリアを熟成させている彼は、「誰も知らないけど、カナダで最も重要なソングライター」(Junior Boys-Jeremy Greenspan)と評される隠れポップス名人。いずれの曲も既に多くの人たちにカバーされてきたモダンクラシックな佇まいを放ちます。宅録ソウルの名盤シュギー・オーティス『インスピレーション・インフォメーション』に心掴まれる人、橋下徹監修『FREE SOUL』シリーズのファン、オブスキュアなソウルファンはもちろん、全体的に漂う少しトボけた雰囲気はインディリスナーにも届くこと間違いなし!

バンクーバーを拠点に活動する”ニコラス・ケルゴヴィッチ”は、キャリア初期にはNo Kids、Gigi、P:anoといったユニットでタイムレスな数々の傑作ポップナンバーを生み落し、2013年の1st ソロアルバム以降は自身の名義で作品を発表し続け、デヴィッド・バーンやダーティー・プロジェクターズも惚れこんだ鬼才ロマンティックR&Bポップ職人。ギブミーには2015年の4月以来、2度目の登場。彼の音楽は、コンテンポラリーR&B〜Prefab Sprout的80’s UKポップ〜レトロ・ハリウッド映画や、ミュージカルのサウンドトラックのようなヴィンテージ・テイストが巧みにブレンドされたアダルト・ブルー・アイド・ソウル。言葉がスムースに踊るため息が漏れるような恍惚のメロディライン、ウォーム/クールのテクスチャを丁寧に編み込んだ箱庭的造形のアレンジによってあまりにも美しく紡がれた彼の世界には、虚構的な空恐ろしさも漂い、美しくあればあるほど、底に横たわる孤独感を描き出しているようでもあります。見掛け倒しのカラフルな装いで誤魔化すことは一切なく、接すれば接するほどに表情を変える彼のポップス、ぜひ噛み締めていただきたいです。DESTROYER、NITE JEWEL、MOCKEY、サンドロ・ペリ、ハイラマズ、ステレオラブのファンの方は特に必見。

共演には、日本中のインディフォークファン悲願の復活を遂げた名古屋のベースレススロウコアトリオ”シラオカ”。地に足のついたドラムによる朴訥なスロウビートと、淡色に漂う点描画のような二本のギターによるミニマルアンサンブル、日常と妄想を往来しながら行間と余白に独特のユーモアとサイケデリアが立ち上がる言語感覚…不思議な距離感を保ったまま微かに近づいたり、離れたりする彼らの滋味深い世界に脳がジワジワと痺れていく…動物、妖怪、人知の及ばぬ異界の恐ろしさと、同時に人肌の温もりを感じる音楽をポツポツと呟くように鳴らすとんでもない3人組。

この3組の共演が実現するなんて…!

////////////////////////////////////

2018年3月10日(土) Give me little more.
『Marker Starling + Nicholas Krgovich Japan Tour 2018  松本公演』
▽Live:Marker Starling (カナダ)  / Nicholas Krgovich(カナダ) /  シラオカ(名古屋)
▽料金:(前)¥3,500 / (当)¥4,000  / (学生)¥2,500 +1Dオーダー 
▽時間:(開場)18:30 / (開演)19:00
▽予約:give.melittlemore@gmail.com

////////////////////////////////////

Marker Starling
1969年、トロント出身クリス・A・カミングスによるワンマン・ユニット。2000年代にはマントラー(Mantler)名義で独tomlabを中心に4枚のアルバムをリリース。ロバート・ワイアットを彷彿させる繊細なヴォーカル+ウーリッツアー(エレクトリック・ピアノ)+リズムボックスを基盤に様々な音楽的ルーツが溶け込んだスムース&メロウなサウンドは各所で高い評価を受ける。2015年にはアーティスト名をマーカー・スターリングに改名後初のアルバムとなる『ロージー・メイズ』を発表。同作は初のカバー・アルバム『アイム・ウィリング』とのカップリングで2016年3月日本発売。2016年4月にはマントラー時代を通じ初の日本ツアーを敢行(9都市11公演)。最新作は2017年11月発売『Anchors & Ampersands』。


Nicholas Krgovich
1982年、ヴァンクーバー生まれ。チェンバー・ポップ・グループP:ano(ピアノ)の一員としてデビュー。以降、コンテンポラリーR&Bを取り込んだNo Kids、ガール・ポップ/ブリル・ビルディングへのオマージュを展開したGigi(ジジ)など様々なユニットで、ロマンティック&タイムレスでハイスタンダードな作品を連発。2012年にはマウント・イアリ、テニスコーツと共に初来日ツアー。初のソロ・アルバム『ニコラス・ケルゴヴィッチ』を2013年1月に日本先行でリリース(海外では『On Sunset』と改題し2014年リリース)、各所で高い評価を受ける。2015年、日本独自2 in 1CD『フー・ケアズ?+オン・カフエンガ』を発表、デラドゥーリアン(exダーティ・プロジェクターズ)と共に再来日。最新作は2017年11月発売『In An Open Field』 。

シラオカ

2006年夏結成。小池(gt.vo)、石谷(gt)、山村(dr)による3ピースのポップグループ。 2011年3月にmap compare notesよりミニ アルバム『部屋』をリリース。また、昨年は小池喬がソロ名義で7epよりアルバム『宇宙のくしゃみ』を発表している。名古屋を拠点に活動中。http://siraoka.tumblr.com/