2018-05-11

2018年5月11日(金)WHALE TALX × annie the clumsy live in Matsumoto

WHALE TALX

annie the clumsy

メロウに浮遊するサウンドのインディヒップホップ集団と
スモーキーな歌声と軽妙なユーモアの楽曲のウクレレSSWが登場!

新進“奇形”のHIP HOP集団”WHALE TALX(ホエール・トークス)と数々のCM楽曲を手がけるなど話題沸騰中のウクレレ/バンジョー/ギター弾き語りSSW”annie the clumsy”(アニー・ザ・クラムジー)が松本に登場!コラボレーションも行うこの2組のゲストを迎えたパーティーライブを開催します!

WHALE TALXは、もともとピクニック仲間だったというlazyboy、似非animal、じんかくのふいっち、Isao Kurodaの3MC1DJからなる埼玉のインディヒップホップ集団。活動自体は謎に包まれていながら、Phoenix「Lisztomania」、nulbarich「new era」を大胆にサンプリングした楽曲、DIVA的立位置でゲスト参加するannie the clumsy自ら監督した独特の時間感覚が漂うビデオが耳の早いリスナーの間で話題に!フレンチポップ、シティポップ、シンセポップ、ドリームポップ、ヴェイパーウェーブとも共鳴するメロウに浮遊するlazyboyのトラックと、かせきさいだぁにも通じるスムースなフロウ、脱力したスタンスで意味を放棄しているかのような言葉遊び的な佇まいを放ちつつ時折、ハッとさせられるラインが飛び込んでくるリリック…それぞれが好きなものだけを詰め込んだ正直なコラージュ感覚によって生み出された日常のファンタジーからは、どこか知らない土地へ車を走らせるわけでもなく、地元の仲間と時間を持て余すように昼間から飲んでいるうちに意識が現実から遠のいていくような背徳感と陶酔感が漂います。都市近郊からしか生まれ得ない、エキゾに逃げない、ドリーミーバケーションポップス!

annie the clumsyは、軽妙なユーモアを交えたナチュラルな英詞と、一息で空間に独自の世界を立ち上げる特徴的なスモーキーヴォイスのウクレレ/バンジョー/ギター弾き語りSSW。イギリス留学中にホストファミリーの影響から音楽制作の魅力にハマり、ベッドルームから日々曲を生み出している彼女。She&HimやBMXバンディッツ、映画で言えば『500日のサマー』『ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール』の空気感にも通じる箱庭的なレトロポップスサウンドには、チープなチャーミングさと、友人との何気ない会話のような思いつきの軽々しさを持ちながらも、そのブレない世界観にはある種の崇高さが漂います。「脚本、映像、音楽、演技と、自分ができることを全部詰め込んだショートフィルムを作りたい」と語る彼女が、ライフワークのように自身のyoutubeチャンネルにアップロードしている数々のビデオも必見。ミスID2016山崎まどか賞受賞、人気SSW王舟のツアーサポート、CM業界からの数々の楽曲制作オファー…など多方面へとますます躍進しつつ、あくまで平熱に飄々としたスタンスを崩さないその存在感、要注目です!

地元バンドアクトはこの2組!

くぐもった奇妙なエコーサウンドと煌めきのシンセサウンドに分厚く塗られた音像の中で、失われた風景を思うような感傷的かつ歌謡的なメロディが響く男女ボーカルドリーミーフォーク/ウィアードポップバンド”TANGINGUGUN"。

松本筑摩に位置する秘密基地的クリエイティブ倉庫marsmooの主でありボーカル〜ギター〜ドラムまで何をやってもグルーヴが息づくシンガー"マサ"が率いる、活動自体が松本の音楽家たちのプラットフォームになっている不定形音楽集団"padge”

この日のDJは、りんご音楽祭代表、松本最狂のパーティーピーポー”古川陽介aka DJ sleeper”。ジャンルを軽々と横断しながらメロウな瞬間を逃さずにパッケージしたような音酔必至なDJプレイ!

////////////////////////////////////

2018年5月11日(金) Give me little more.
『WHALE TALX × annie the clumsy live in Matsumoto
LIVE:WHALE TALX(埼玉) / annie the clumsy(東京)/ TANGINGUGUN / padge
▽DJ:DJ sleeper
▽料金:(前)¥2,000 / (当)¥2,500 +1Dオーダー
▽時間:(START)18:30 -
▽予約:give.melittlemore@gmail.com

////////////////////////////////////

WHALE TALX
日頃からピクニック仲間だったlazyboy、似非animal、じんかくのふいっち、Isao Kurodaの四人がサンドウィッチを作る感覚で始めた音楽プロジェクト。行き当たりばったりでレシピのない創作から生まれたのは、焚き火にぴったりな新進“奇形”のHIP HOPだった。

annie the clumsy

2010年よりFlight of the Conchordsに影響を受け、宅録で音楽制作を始める。 YouTubeやSoundCloudにて主にウクレレを使用した楽曲の発表を続け、2012年、1stDemoアルバム「Annie the clumsy vol.1」を自主リリース。 2014年同作を元にGOTOWN RECORDSより初の流通盤、「from my messy room」を発表。 CMソングの歌唱・作詞作曲等に携わりながら都内を中心に活動。

TANGINGUGUN

2016年夏に松本で結成されたドリーミーフォーク / ウィアードポップバンド。 奇妙でlo-fiなエコーサウンドに包まれたサウンドスケープと、男女ボーカルによる歌謡感溢れるメロディ&ハーモニー。 2017年夏の終わりに完全DIYで制作された初音源となるミニアルバム『馬鹿な魚』をリリース。 現在はドラム、シンセサイザーの新メンバーが加わり四人編成をメインに活動中。これまでに、Tara Jane O'neil(US), Yumbo(仙台),Dustin Wong & Minekawa Takako,cotillon(US),scott and charlene's wedding(AUS),Jay Arner(CAN),Fake Tears(CAN),Parasol(KOREA),Magic Island(DEU)らと共演。